既存杭引抜工法協会は、既存杭の引抜きに最適の工法を研究開発しその普及に務めております。

PG工法のご紹介

PG工法とは?

既存杭の外周を包み込むようにケーシングで掘削し、杭の先端に達したら、ケーシング内部の爪でチャッキング。既存杭をケーシングに内包した状態で引き上げる工法です。
杭全体をケーシングで包み込んで引き上げるので、中折れ、破損、ジョイント不接合などの杭も確実に撤去できます。
さらにケーシングの先端部から充填材の注入が可能で、掘削中、引き上げ中に、必要に応じて充填材を注入することで、抜き跡環境の最適化を実現します。
ケーシングの引き上げ速度や充填材の吐出は、専用の管理装置で一元管理できます。
チャッキングヘッド
ケーシング

PG工法の標準施工手順

杭頭確認/杭芯セット

①杭頭確認
既存杭の杭頭は、引抜き工事着手前に事前測量する。
②杭芯セット
測量された杭芯より逃げ芯を直交2方向に打ち込み、定尺棒を用いてケーシングの中心を杭芯にあわせる。
掘削開始/掘削時に水を使う場合

③掘削開始
ケーシングの鉛直精度を確認して掘削を開始。ケーシングは既存杭の傾斜に沿って追随するので、ケーシング傾斜角度にリーダー角度を調整。
④-A掘削時に水を使う場合
掘削時にケーシング先端部から、水を吐出し、ケーシング内外を泥土化します。これにより地盤の掘削抵抗を減少させ、孔壁の崩壊やケーシング内圧による既存杭の破壊を防止します。
掘削時に充填材を使う場合/掘削完了・杭先端チャッキング・注入開始

④-B掘削時に充填材を使う場合
掘削時にケーシング先端部からセメントミルク等の充填液を吐出し、ケーシング内外の土砂をソイルセメント化させながら掘削を行います。
⑤掘削完了・杭先端チャッキング・注入開始
掘削完了後、押圧装置を作動させ既存杭をチャッキングします。
孔口からのオーバーフロー/ケーシング引き上げ

⑥孔口からのオーバーフロー
充填材を吐出しながらケーシングを引き上げ。管理装置+杭穴からのオーバーフローを見ながら充填材吐出を続けます。
⑦ケーシング引き上げ
ケーシング引き上げ速度などは管理装置で一元管理。

PG工法のメリットは?

①既存杭を安全確実に撤去します

既存杭全体をケーシングで包み込んで引き上げるので、中折れ、破損、ジョイント不接合などの杭も確実に撤去できます。
また杭周辺に築造された「セメントミルク固化部」なども、地中に残すことなく同時に撤去します。
杭を玉掛けワイヤーで引き上げる作業をしないため、玉掛けに起因する事故とは無縁。安全確実な杭撤去が可能です。
一般工法では完全撤去が難しいとされていた、以下のような杭も引き抜きが可能です。

  • 折れ杭
  • 壊れた杭
  • ジョイント部未接合
  • 柱状地盤改良杭
  • 斜坑(傾斜角3.0度程度まで)など
既存杭を安全確実に撤去します
②周辺築造物も一緒に撤去できます

既存杭とその周囲を包み込んで引き上げますので、杭本体以外に、周辺に築造されているものも同時に除去できます。
一般工法ではこれらは杭から剥離して、地中に残存してしまう可能性が高いものでした。

周辺築造物の例

● ペデスタル杭 先端球根部
● 既製コンクリート杭
既製コンクリート杭周囲に付着しているセメントミルク固化物
既存杭先端以深に築造されている拡大根固め固化部や余掘りセメントミルク固化部
● H鋼杭やSMW
H鋼芯材全長、芯材に付着しているセメントミルク固化物
芯材以深に築造されているソイル部や余掘りセメントミルク固化部

既製コンクリート杭PG工法では
③杭穴最深部から確実な充填ができます

掘削時には、ケーシング先端から充填剤を吐出しながら掘削し、ケーシング内外の土砂をソイルセメント化しながら掘り進むことが可能です。
引き上げ時には杭穴最深部から、充填材を注入しながら引き上げるので、杭抜き穴の全長にわたり、確実な充填が可能です。
ケーシングの引き上げ速度、充填材の吐出などは、専用の管理装置で一元管理できます。

一般工法
PG工法

PG工法で引き抜いた杭

PG工法で引き抜いた杭
施工実績・資料はこちら!
PAGETOP
Copyright © 既存杭引抜工法協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.